2/28
「香港パート3 木村拓哉くん発見?」

香港に来たなら、セブンイレブンなどのコンビニに行くと面白い。日本で人気のものが、広東語になって売られていたり(例えばラーメン類やガムなど)、こんなものまで?っていうの(例えば、ビオレ鼻パックとか)が輸出されていたり、お菓子や飲み物も面白いよね。
っていうわけで、今日は、セブンイレブンに入ってみました。香港のは2年ぶり。いまいち、面白いグッズにご対面できなかったんだけど、本の売り場に来て、おっ!と目を奪われてしまいました。なんと、私の、大好きなあの方(と思われる)方がいるではありませんか。
やっぱり、ど〜〜お、見ても木村拓哉くんでしょお。もしかして、KinkiKids?違う違う。木村拓哉くんだよ。隣にいるのは、誰?なんで絵なの?
なに?漫画なの?なんで漫画なのに木村拓哉くんがいるの?



よく見てみると、タイトルが、「恋愛世紀」。なあんだ、ラブジェネレーションかあ。

え?

なんで漫画なの?値段は35ドルだから、600円くらい。うえ〜、ネタには面白いけど、600円払っても、所詮、漫画。しかも広東語。邪魔だしなあ。
よし、店員さんの目を盗んで、写真撮影だあ!!こういう時、デジカメって、フラッシュなしでもある程度きれいに写るから、いいよねえ。目立たなくて。(アイスクリームケースの上に置いて撮っている・・・。



裏には、出演者の役名とイラストが。
哲平・理子・早苗・荘一郎・・・ああ、懐かしいなあ。え?もう一人は「紀香」?違うだろ、それは。役者の名前だよ。
しかも、哲平の着ているシャツは、「眠れる森」の「直樹?」。
もお、適当なんだからあ。

で、作者、として、誰だかわからない、中国人の名前が書いてありました。漫画を描いた人であることは検討つきますが、日本の作者も載せようよ。

ところで、香港には、VCD(Video Compact Disc)というものが、やたらめったら普及していて、これがビデオの 代わりになってる。
合法的なものから違法のものまであるんだけど、日本のドラマはほとんど違法で、安〜く売られてるんだって。1本20香港ドルで、例えばドラマ全巻11本なら220ドル。3500円くらい!!11本、まとめて箱に入っているんで、これが本当にコンパクト!全巻で、ビデオ1本より場所取らないんだから、困ったものです。
そんなこんなで、日本の歌、ドラマなどが、過去になく人気なんですねえ。お店で買い物をしていても、有線やラジオなどから日本の歌がしょっちゅう流れているんで、日本にいるような感じ。
また、香港政府は、日本からの要望もあって、この海賊版VCDの普及を妨げるために、こちらの有線テレビで、有料ですが、積極的に日本のドラマを流す方針なんだって。
へえ〜〜〜。海賊版の多い香港らしいけど、困ったもんですね。



『香港だより』へ

『今日のひとこと』トップへ

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail