2003・12/15
『温泉・脱衣所入り口』

 週末、思い立って、旦那ちゃまと温泉に行きました。

 予約していなかったんだけど、取りあえず、浅草に向かい、旅行代理店で、鬼怒川温泉の宿を取ってもらい・・・っていう『なんとかなるでしょ旅行』。

 (途中、銀座に寄ったんですけど、三越の前で、『ジャスト』の『ピーコのファッションチェック』ロケ隊に会って、びっくりしました。
 『どうしたんですア〜〜〜〜〜〜きょうは〜!?』と聞かれ、『これから温泉行くとこなの〜。行けたら、だけど。』と私。
 言ってることも変だし、銀座で言ってるっていうのも、変だよね!スタッフも『???(笑)』でした。)

 そういう『なんとかなるでしょ旅行』って良いものね。
 自分でも、泊まるところを知らない、「夜の数時間前」、というのは面白いもの。

 ところでさア、こういうこと書くと、『また安井まみ子がお小言書いてる!』って言われそうなんだけど、ひとつ疑問が!

 大浴場に行くと、脱衣所でスリッパ脱ぐじゃない?
 その時、皆さんなら、スリッパの向き、どうする!?

 私は、必ず、絶対、100%、そのまま入って振り返ってスリッパの向きを変えるor後ろ向きで脱ぐ。
 つまり、玄関でのお作法と同じ。(後者は、本当はいけない手抜きだけどネ。)

 だけど、だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜れも、そうやって脱がないんだよね。

 見事に、『こっち向いて上がりました』の足跡のごとく、脱衣所の方を向いたスリッパ達。
 
 『誰かひとりでも(私)やってあるのを見れば、みんなもやるかなア』と私だけ、スリッパの向きを揃え、わくわくして出て来てみたらっ!!!
 ・・・やっぱり、無駄な抵抗でございました・・・。

 ほんっと、不思議。
 なぜ、みな、スリッパを揃えないのだ!?
 やりなれない人からすれば、『なんで、そんなこと、いちいち気付いて文句言うの!?』かもしれないけど、私にしてみれば、きゅうりがピンク!?位の違和感なのだよオ。

 習慣だから仕方ないのかしらね・・・。 

次へ

『今日のひとこと』トップへ

12月のバックナンバーヘ

11月

バックナンバーへ

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail