4/1
「架空の話」

フジテレビ「SMAP×SMAP」に、「のりつっこみ予備校」っていうのがあるの知っていますか?
講師は今田耕二と、木村拓哉。生徒は、その他のSMAPのメンバーです。
なんてことはない。例えば、「味噌とって」と言ったら、紫蘇が出てくるんだけど、それに対して、「そうそう、この味噌がねえ、」としばらく話を合わせ(いわゆるノリってやつね)、そのあとに、「これはしそだろ!」とつっこむ。合わせてノリツッコミ。
簡単そうに見えて、これは実に難しい。
世の中を、話のうまい人と、下手な人に分けるとしたら、この、ノリができるかどうかは大きなポイントとなる。
その前に、「ボケていることに気がつかない人」という人があって、その次に、「すぐに、違う、とつっこんでしまう人」があり、そしてその次にノリツッコミができる人、と上級コースに進んでいく感じだ。(本当かい?)
私は、2番目。つっこみは、誰よりも早いけど、早すぎて、面白くなくなってしまうことがしばしば。なんで、このノリツッコミは、参考になります・・・。、なるほど!引っ張るのも、難しいものだ、なんてね。だって、想像力がないと、紫蘇の葉を持って、味噌の話はできないからねえ。言葉の訓練になえるよね。
しかし、それよりも勉強になる遊びがありまして、それがなかなか楽しい。最近、友達と、飲んだりしていると、誰からともなくそれを始める。題して、架空の人物の噂話!!
「知ってる?柳川課長、飛ばされたんだって」
「え?この前のあの失敗が響いちゃった?」
「そうそう、だってあれね、渋谷営業所の田村さん、カンカンだったって。」
「田村さんって、田村広一課長?お腹の出た?」
「違う違う、田村則夫部長の方だよお。ほら、いつも、青いネクタイばっかりしてる人!!」
「あ〜〜!で、柳川課長、どこ飛ばされるの?」
「タイらしいよ。」
なんて、延々としゃべるの。全部、想像というか、うそ。架空の人物ばっか。でも、ひとりひとりに、経歴や身体的な特徴・つきあっている彼女・趣味なども勝手に付け加えて話していくので、みんな、なんとなく、のっちゃうんだよね。本当の話みたいで。すごいよ、5分、10分前に出てきた名前でも、結構、ちゃんと、頭にインプットされる。で、また、30分後くらいに、現実の話と織り交ぜて、「田村課長じゃないんだから!」なんてつっこんだりして。
これが、いい頭のトレーニングになるんだよ!!頭の回転がよくないと、返事がとっさにできないからね。
お金もかからず、誰も傷つけず、なかなか楽しめて、頭と会話の訓練になる遊び、ぜひ、やってみてください!!

『今日のひとこと』トップへ

3月のバックナンバ−へ

バックナンバーへ

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail4/1