4/2
『電車の中』

 ロケに行く時くらいしか、ラッシュの電車には乗りませんが、あれってもう、大変ね!!
 そもそも、中学も高校も、自転車通学なんで、電車に乗ること自体、慣れていない。大学も、さほど遠くなかったので、早くに家を出る必要もない、っていう環境。満員電車の経験もほとんどないんです。
 だから、朝、ロケの集合場所に電車で行くと、ついた頃には、もう、クタクタです。乗り方も下手なんだと思うよ・・・。だから、私はいつも、ドア際。際も際、ドアに面しているところに立って、駅に止まる度に一旦降りて、またドア際に乗る、このくり返し。あそこが一番、楽。ドアにもたれかかっていれば倒れないから、体重をドアに預けて、ボーッとしたり、寝てたりしてる・・・。たまに、最後に駆け込み乗車されたりなんかして、私の指定席をとられてしまうと、もう大変!どうやって立ってたらいいかさえ、わかんなくなっちゃうもん。ほんっと、座ってのんびりの旅ならともかく、立って満員電車に揺られるのはイヤですよねえ!!
 その電車の中で、さらに、ど〜〜しても苦手なのは、あの、ウオークマンのヘッドフォンから漏れでる音。「音楽」といえるほどには、漏れでてないのね。あくまでも、「音」。シャカシャカいうリズムだけとか、ドンドン響く低音だけとか、かなり、遠いところまで音が届く。あの程度の大きさの音が、一番、耳障りなんだよね。
 今日は、でも、ちょっと違って、スペイン人と思われる外国人さんが、大音量で宇多田ヒカルを聞いていて、そのあまりの大きさに、全部、歌詞まで聞こえてくるの!!
 あそこまで聞こえてくれば、もう、お店の中でかかっている有線と同じで、不思議と、さほど、気にならないものなのね。ただ、ほとんどソラで歌える状態の私、更に、店などでかかっていると、ついつい、一人でも口づさんでしまう私は、危うく、電車の中で、一緒に歌い出すところでした・・・。
 でもさあ、みんな、よく、恥ずかしくないよね。
 私の場合、自分が、音に敏感だから、自分が嫌なことはしない、の観点で、ウオークマンの音には滅茶苦茶、気を遣うのね。すっごい小さくして聞いてて、駅に着く度に、周りが静かになる分、更に音を絞って、走り出すと、また、ちょっと音を上げて・・・って。絶対、イヤホンから音が漏れないようにするの。そのためなら、自分が聞こえなくてもいい、みたいな感じ?(結局、ウオークマンはあまりしなくなる・・・)
 そこまでするのには、「自分が嫌なことはしない」だけじゃなく、音が漏れると恥ずかしいっていうのがあるんだなあ。
 友達が遊びに来た時に、本棚をじっと見られると恥ずかしいじゃない?なんか、日々、どんなことを考えているのか心の中を見透かれる感じがして。
 音楽に対しても、それと同じ感情が働くんですよねえ。車の中で聞いていても、窓を開ける季節には、隣の車に聞こえないようにしたいし、それと同じように、電車の中でも、何を聞いているのか、そのジャンルがわかるのも、イヤ。『うるっさいないなあ〜〜!!』のあとに、『しかも、モーニング娘聞きながら会社行くのかよお!?』とか『この人、朝から、こんなロック聞いてんのか・・・もっと爽やかなのにしようよお!』とか、自分もよく勝手に思うから、そんな風に人から思われるのかと思うと、恥ずかしいじゃない・・・?
 まあ、それはどうでもいいんだけどさ!電車の中の携帯と、漏れでるヘッドフォンの音には気をつけましょう!

『今日のひとこと』トップへ

3月のバックナンバ−へ

バックナンバーへ

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail