6/6
『私、ずっと、疑問だった』

 最近、滋賀県警が、警察官の半数にあたる約880人に、革靴の代わりとなるウオーキングシューズを支給したそうですね。
 去年の10月に、護送中の容疑者に逃亡された経験をもとにの支給らしい。ウオーキングシューズとはいえ、黒い革製で、制服にもマッチするデザイン。お値段は、革靴とほぼ同じの5000円だそうです。普段は革靴を履くようにし、護送や、留置場の巡回を担当する時に履き替えるんですって。
 私、前から、ず〜っと疑問に思っていたんだよねえ。今回、この記事を読んで、いえ、数年前に、やはり同じように、スニーカーを支給したどこかの県警の話を聞いて、『そうだよねえ!』と、言いたかったのだよ。
 警察官って、仕事をするにあたって、スニーカーやウオーキングシューズより革靴の方がいい場合ってある?見栄えだけじゃない?ただ、制服には革靴の方が似合う、かっこいい、渋い・・・ただ、それだけのメリットしかないような気がする。
 犯人を追うにも、自転車で巡回するにも、ただ、歩くにも、スニーカーやウオーキングシューズにこしたことはないじゃない?
 でもなぜ、警察官は、革靴をはいているのだろう・・・?同じ値段なら、なおさら、スニーカーの方がいいじゃないですか。制服に似合わない?任務のためだもん、そんなこと、どうでもいいじゃないですか。よくあることだよねえ、任務のために、お洒落感を無くすなんてねえ。なんで、なんで、なんで?なんで警察官は、革靴をはいているのだろう?
 みんな、スニーカーを履いた方がいいと思いません?何か、理由を知っている方は、教えて下さい。

次へ

『今日のひとこと』トップへ

6月のバックナンバーへ

5月のバックナンバーへ

バックナンバーへ

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail