6/15
『うどんじゃないぞお』

 人間、外見で判断しちゃいけない。私も、ここで、外見の話をしようってんじゃない。
 でも、どんなに、一生懸命生きていても、頑張っていても、ほんの一瞬の態度やマナーを見られて、すべてが無駄になってしまうこともある。
 国際的なマナーなんて、『そんなの知るかい!』ってのもあるだろうし、宗教的なことで100回説明されても理解できないこともある。でも、その国のマナーっつうものは、なんだかよくわからなくても、守っておいた方がいいと思う。
 どんなに納得いかなくても、日本の家に入る時は、靴を脱いでもらわなくてはいけないし、温泉に入る時は、そういう指示がない限り、水着も浴衣も脱いでもらわねばならないし、せっけんを湯舟に入れられても困る。国際的にすべての地球人を納得させられるような理由は、ない。ダメなものはダメ、としかいいようがない。
 ひとつの国に限らず、なんとなく『国際標準』みたいなマナーもある。ナイフ・フォークの使い方とか、テーブルに肘をつくなとか、クッチャクチャ音をたてて食べるな、とか。そういうのにも、全地球人を納得させられる理由はない。ダメなものはダメなのだよ。
 何が言いたいのか?
 それは、昨日の小泉純一郎・元厚生大臣だよ。『SMAP×SMAP』に御出演の折、
『私は、パスタが大好きで、どこの国に行っても、パスタを必ず食べるんです。』
 と言っていた。
 いざ、SMAPの作ったパスタが出てくると、ズ〜〜ルズル、ズ〜〜〜〜ルズル、まるでうどん屋さん。
 私は、前の言葉を思い出して、この人が、一国の大臣として、よそさまの国で、ああやってズルズル、パスタを食べていたのかと思うと、顔が赤くなったよ。場合によっちゃあ、『総理大臣』としてズ〜ルズルズ〜ルズルやってたのかも・・・。恥ずかし〜〜〜〜〜〜〜!!!言うまでもなく、パスタを音をたててすするなんて、論外、国際的マナー違反だ。
 『日本のうどんは音をたてていいんだ』なんっつう言い訳はまかり通らない。
 それが許されるなら、あんた、日本中の外国人が、銭湯や温泉の湯舟に泡泡、作っちゃうぜ。
 『おれの国じゃ、風呂っつうもんには泡がいっぱいたってるんだ』って。
 それが通じるかい?
 小泉氏が、近所のおっさん、っていうなら、百歩譲って、見守ろう。でも、日本を代表する国会議員として、外国にも行く立場じゃ、ズ〜ルズルはいかんよ。
 TVリポーターだったら、1回で、クビだよ、小泉さん。

次へ

『今日のひとこと』トップへ

6月のバックナンバーへ

5月のバックナンバーへ

バックナンバーへ

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail