11/29
『鰯と鯖』

 来週の今日、つまり12/6、料理の番組の収録があるんです。『ふうふうごはん』といって、関東地方と、名古屋など数ヵ所でしか流れないのが残念なんですが、とても楽しみにしているんですよお。
 料理大好きだし。それに、その番組は、好きな人と出ていいということで、(もちろん知り合いの中で、ですが)、私は、広島時代に何度か番組でご一緒したことがあるご縁もあって、現ヴェルディ(元サンフレッチェ広島)の高木琢也選手と一緒に出演することに。高木さんは歳も近いし、とてもきさくな方なんです。
 で、何を作るかということで、(これも二人で考えなくてはいけないルール)、さんざん考えた結果、鰯を使った料理に決定!!料理名はここではまだ内緒です!(大したもんじゃないが)
 そうと決まれば、なんとなく練習ってわけじゃないけど、鰯をさばく回数が急に増えまして・・・。『まみ子の台所』にも、久しぶりに鰯料理が登場してます。見てね。
 でも、鰯って、なんで魚偏に弱い、なんですかねえ。『よわし』と『いわし』?それとも、手でさばけるほど身が弱いってこと?それとも、すぐ痛むってことかしら。それなら、鯖の方がイメージ的に『鰯』じゃない?『サバをよむ』の語源は、朝あがった鯖の数を、市場に伝えようにも、ドンドンいたんでいくから、数が正確に伝えられないことから、って習ったことがある。そんな語源になるくらいなら、そっちこそ『鰯』で『さば』にすればよかったのに。これも、登録商標みたいなもんで、早いもの勝ちで、『いわし』が『鰯』って、先に決まってたのかなあ・・・。それとも、やっぱり、身が弱いから?でも、数多くさばいていくうちに気が付いたんだけど、新しいのは、身がしっかりしているからこそ手開きしやすい。でも、古いのは、身がもろくなっちゃって、逆に手開きができないんだね。だから、身がもともと弱いんじゃなくて、やっぱり、いたみやすい魚なんだよお!!
 鰯と鯖、もともとは字が入れ違っていた地方ってないのかなあ。
 そういえば、納豆と豆腐も、『逆だろ!』ってつっこみたくなるよね・・・。語源を聞くと、はあ、って一応納得できるんだけど、イメージ的には逆だよね!!
 輸入野菜の『チコリ』と『アンディーブ』も、店によって逆さまになっているの、気付いてました?ほとんどの店では、イギリス式に、チリチリのサニーレタスみたいな方を『エンダイブ』、ツルンとしたチビ白菜みたいな方を『チコリ』と呼んでいるようですが、私としては、逆の、フランスはじめ世界がそう呼んでいるのに日本では高級外資系スーパーでしか呼んでいない、チリチリの方を『チコリ』、ツルンとしたほうを『アンディーブ』、こっちの方が視覚的にしっくりくるんだなあ。チリチリが『チコリ』の方がよくない?(よくないって言われても困る?)
 ま、いいや。鰯はおいしいし!
 で、放送は、12/28・29・30(名古屋では1週間ずれるらしい)。16時20分〜25分×3日です。