12/23
『障子紙』

 クリスマスシーズン、海外・国内からクリスマスカードが届いてきます。
 台湾にいる私の姉からも、一週間位前かな・・・。家族写真のついたクリスマスカードが、送られてきました。ちょっと台湾風・・・赤い漢字の入った、中洋折衷(?)の封筒に入った、かわいいクリスマスグリーティングでした。
 上の子は、女の子らしく、下の二人は更にわんぱくっ子らしくなってて、ニヤニヤ写真を見ている私は、正にオババカ(*^o^*)。かわいくて仕方ないんです!!姪と甥。(この子達です!!)
 写真を見てたら、この秋に、姉家族が、一時帰国してた時のこと、思い出しちゃった。
 上のリンクの写真の日よりも、一ヶ月位後だったかな、一泊だけ、名古屋に帰った日のこと。
 もう秋も深まって、その夜は寒かった。客間の和室で、姉と、子供達3人、そして私が寝ることに。
 私が寝てるすぐ右隣と足元は、木の床の廊下。その外は、廊下を囲むようなベランダ。
 L字形の部分は全部窓で、しかも、天井から床までの大きなガラス板の窓なので、結構、この部屋、冷えるんです。
 その日も、 秋口の割には寒くて、右側からス〜ス〜する。
 障子を閉めれば、少しは暖かくなるはずだけど、これが開いてるってことは、子供達がトイレなどで目を覚ました時にぶつかって危ないとか、或いは、地震の後で、何となく密室感が嫌なのか・・・と、真剣に考えること数分・・・。

 でも、やっぱり、肩が寒いので、同じ時間に布団に入った姉にお伺いを・・・。
『ねえ、寒いから、障子閉めてもいい?』
 少し寝入り始めてた姉、ちょっと面倒臭そうに『ん〜〜。いいけど変わらないよ・・・』
 そっか、昨日まで私の位置で寝ていた姉は、障子を閉めたことがあるんだ。でも、寒さは変わらないのか、って素直に思った。でも、少しは変わるだろ・・・と思って障子を閉めた私は、ビックリ!!
 そりゃ、変わらないわ・・・。丁度、末っ子の手の届く高さまで、きれ〜〜〜〜に、障子が破られてて大爆笑!!いくら障子を閉めたって、障子紙あっての障子だからね・・・。
 でも、子供にはたまらなく面白い遊びだろうね!!ビリビリ破けるは、よだれのついた指でつつけば溶けるように穴が開くは・・・。やらせてもらえるんなら私もやりたい位だよ・・・。
 そんな事を思い出しながら、またニヤニヤしてしまう、オババカでした。
(この話で一番のヒットは、姉の、一切の余分を省いた『ん〜〜。いいけど変わらないよ・・・』ですよね・・・。芸人にしたい位、オチに向けて最高のフリでした!!100点!!!!)

次へ

『今日のひとこと』トップへ

12月のバックナンバーへ

11月のバックナンバーへ

バックナンバーへ

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail