2000年6月6日

 衣裳はいつものセプトディーン。

 スカーフ付きワンピース 9800円
 ひもベルト付きジャケット 9800円

  ジャケットは、腰のひもベルトがかわいい。
 ひもがあるとないとじゃ、印象が全然違うでしょう?




 そのひもベルトは、途中から半分の細さに2つの分かれてる。その、ちょっとした「動き」が、いいんだよね〜!!



 ワンピースは、このような、キャミソールワンピ。

 スカーフは、前にたらしても、横でも、今回のように後ろでもOK。
 一番今年風なのは、やっぱ、後ろだよね!!
 それと、上に襟のあるジャケットを羽織るってことで、今回は迷わず後ろ!




  後ろは、夜会巻の変形バージョン。
 半分ずつとって、ねじりあげしてます。

 村上静子ちゃんの作品。



 横から見ると、こんな感じ。

 これ、実は、この後の予定・・・プライベートファッションにも関係があるんだあ!!
 先を楽しみに読んでね!



 私服はこれ。
 NEXTというところのワンピース。

 赤の色と、斜の裾が気に入って買いました。
 赤いカーディガンでカジュアルダウンすると、リゾートっぽい、こんな感じに。




 靴は、ストロベリーフィールズの。
 ここの、高いんだよね・・・。
 気に入ってな〜んにも考えず(値札も見ずに)レジに持って行ったら、2万位したので、驚いてしまったが、遅かった・・・。
 去年の11月、ハワイに履いて行くために買ったんだあ。大流行の兆しがあったとはいえ、かなり早いもの買いでしたね。



 ところで、ワンピース、カーディガンを脱ぐとこんな感じです。
 それに・・・



 赤のパシュミナを添えれば、じゃ〜ん!!
 ミュージカル仕様ファッションの出来上がり〜〜〜!!!
髪型もバッチリ〜〜〜〜!!!

 実はこの日、三谷幸喜脚本のミュージカル、『オケピ!』(真田広之・松たか子・戸田恵子ら・・・)の初日を観に行く予定があったんです。
 で、このファッション。

 カーディガンスタイルなら、日テレを普通に歩いてても、大丈夫だし、これなら、ある程度の場所でも大丈夫。ってことで、この服を選びました。
 そして、何と言っても、場所が『青山劇場』っていうのも、頭を悩ませたんだよねえ!!これが『国立劇場』なら、みんなお洒落してくるでしょう。また『パルコ劇場』なら、みんな普段着でしょう。でも、『青山劇場』でしょ・・・?みんな何着てくるか、検討がつかない・・・。
 しかも、普段の三谷さんの舞台なら、まだ想像もつくけど、一応『ミュージカル』だから、いつものよりはオシャレな人が多いはず・・・。
 う〜〜〜〜〜〜ん!!!!・・・ってことで、どっちにでも対応できるようにしたってわけです。

 結局?
 会場は、オシャレして来てる人2割。会社帰り風3割。超〜普段着5割でした。
 だから、会場に着くや否や、カーディガンに着替えたんだけど、ちょっと悲しかったなあ。ミュージカルって、もうちょっと『非日常』であってほしいのに、犬の散歩?みたいな人もたくさんいて・・・。
 ま、日本のミュージカルなんてそんな物?
 バレエの舞台でも、普段着の人、いるもんね・・・。



 衣裳のトップに戻る

Top Pageへ 掲示板へGO!   E-Mail