『Happy New Year!!』ね・・・

 ホノルル空港に着いたのは、12/28。この時期の海外旅行は、中学1年の時にスペインに行って以来の17年ぶり。
 で、あれ?って思ったんです。空港のあちこちにあるクリスマスツリーに。もうクリスマスは終わったのに、まだ飾る?
 聞けば、アメリカでも、クリスマスがすんでもツリーや飾り付けは残してあるところが多いんですって?へえ、そうだったのかあ・・・。スペインでもそうだったのかなあ?気が付かなかったなあ。なんでかって聞いたら、『同じバケーションだから』って。『クリスマスバケーションが新年まで続くでしょう?』って。そりゃそうだけど・・・。
 そういえばね、ハワイにいると新年を実感できないのには、そういう小さな理由もあると思うんだ。
 日本では、11月に年賀状が発売される、お歳暮コーナーができる、『今日から師走です』なんてニュースキャスターが言い出して、街がクリスマス一色に染まって、その頃までに年賀状を出さなくちゃいけなくって、クリスマスが終わればツリーしまって注連縄買って、おもち飾って、門松用意して、『よいお年を!』が1/1になった瞬間に『明けましておめでとう』に変わって、3が日、七草がゆ、松の内・・・。11/1の年賀状発売から、1/15の年賀状のお年玉くじの当選番号発表まで、いっそがしいよねえ。
 それがあのあったか〜〜いマウイでは、『クリスマスバケーションが新年まで続くでしょう?』だし、大体、『よいお年も』も『明けまして・・・』も同じ『Happy New Year!!』で済んじゃうんだもんね。
 日本ではクリスマスツリーはすぐしまうの?って聞かれて、そうね、25日にしまって、門松飾らなくっちゃ。って言ったら、『門松って何?』・・・・・う〜〜んと・・・『何』って言われればなんだろうねえ・・・。『何でできてるの?』・・・・う〜〜んと・・・松と、竹もあったりするし、梅も・・・・・・日本人って大変ですう!!