『車に囲まれたい』

 1/1、Airport Shuttle( 乗り合いタクシーのようなもの)でMakenaのゴルフ場に行くまで、およそ1時間15分。途中まで変なアメリカ人(『変なアメリカ人』参照)と一緒だったんだけど、途中から道別れするんで、私は違うシャトルに乗り換え。ちょうど、電車が、前と後の車両に切り離されるように、私と変なアメリカ人は、車を別々にしてバイバ〜イ!!
 変なアメリカ人から解放されてホッとしたのも束の間、今度はそのシャトルのおじさんドライバーが喋る喋る。色々な事を私に質問してくるのだが、これが、永年たまっていた質問らしく、深い質問が多いのだ。(彼によると、日本人は、普通、シャトルに乗ったっきり、彼と目も合わさなければ、話そうとする気配がない、とかで・・・)
 まず、『日本には、地下にショッピングセンターがあるというのは本当か。』(笑)
Diaryにも書きましたが、大阪にそれを見に行きたいという彼に、名古屋地下街をおすすめしておきました。でも、彼は、地底都市みたいなのを想像しているんではなかろうか、とちょっと、反応が見たい気がする。地下鉄や電車をめちゃくちゃ楽しみにしている沖縄の人のようで、かわいかった。
 で、『日本人はなぜ、ダイビングが好きなのか?』
 これはねえ、やっぱ、日本では、潜っても、そうそう珊瑚は見られないし、カメやサメだって珍しい。暖かい海で気持ちよく潜る、となると、やっぱり海外になってしまうので、潜りだめするのかな?
 すると、『カメを見てVacationになるのか?』
『なるなる!!海も、山も、キレイな珊瑚も・・・』と私。負けじとおやじ『海や山なら、毎日見てる。べつに、きれいだとも何とも思わないけどなあ。』
 今度は私が質問。『じゃあ、どんなVacationが過ごしたいの?』
『そりゃあ、たくさんの人と建物と車に囲まれたい!!!』

 おじさん、私をからかっているんだろうか・・・。それとも、都会から来た人を楽しませる、会話のマニュアル・・・?
 いやいや、それはないとして、人間ないものねだりなのかなあ・・・。う〜〜ん、でも、やっぱり、たまに来る大自然だからこそいいっていうのも確かにあるかもね。毎日、海と山とゴルフ場見てれば飽きるだろうし、更には、それをみて『きれ〜〜〜い!!』と喜ぶ客をも毎日見ているわけだから、ある意味、大変だわねえ。